日本の女性は、美を追求する方が多く、

腕や、脚、脇などを主に脱毛していることでしょう。

それぞれに毛の生え方や、濃さなどが異なるので、

お手入れの方法や、使うアイテムなども人どぞれぞれでしょう。

iラインの脱毛を行っている方もいますね。

あなたはアンダーヘアのお手入れは、どうしていますか。

日本の女性の方の、美的感覚が向上してきたせいでしょうか、

サウナや、温泉などで見かける方が、キレイにアンダーヘアまで、

お手入れをしていると、目がいってしまうこともあることでしょう。

雑誌や、広告などで、女性誌などに取り上げられているのを、

目にしたことがありながら、実際には行動に移さなかったけれど、

実際に目の前で、女性のキレイな脱毛をしてある、

アンダーヘア部分を見てしまうと気になります。

vラインの処理をキレイにしている方は、

iラインにもこだわって、脱毛をしている方がいるのです。

iラインの脱毛をお話をしていきたいのですが、

とりあえず今回は、iラインの脱毛をする範囲について

触れていくので、参考にしてみてくださいね。

bafhqefheq

 

【iラインの位置を把握しましょう】

iラインは、女性器の割れ目の辺りから始まっていきます。

下着のクロッチにある、前の縫い目の部分あたりになります。

後ろの範囲は、oラインの手前までとなっています。

だいたいの範囲が理解したところで、

iラインの範囲を、どの程度処理をしていけばいいのかを、

お話を進めていきます。

 

 

生理の時に、蒸れたり、かぶれたりを繰り返しているので、

うんざりしている方も多いでしょう。

すぐにでもさっぱりしたい気持ちはわかるのですが、

iラインの脱毛を進めるにあたって、

知っておいてほしいことがあるのです。

【iラインを処理する範囲】

vラインやiラインの脱毛をして、

きれいさっぱりな状態を想像していることと思いますが、

どのくらいiラインを処理をしていくのかを考えてみてください。

脱毛をする範囲を思い描きながら、

描いたものに沿っていきながら、脱毛の処理をしていきます。

iラインの毛を全部脱毛することで、

衛生面も良くて、つるつるですべすべになるのですが、

vラインとの繋がりを考えてみてください。

iラインをいきなり全て脱毛をすることで、違和感があるのではないでしょうか。

まったく気にしない方は良い事なのですが、

美という観点で置き換えてみてください。

裸の状態であれば、前から割れ目部分が視認できてしまいます。

せっかく温泉に行こうと決めて、きれいにする為にiラインの脱毛をしたとしても、

全部脱毛をしてしまったことで、人の目が付くところでは、

恥ずかしい思いをしてしまうかもしれません。

 

iラインは、vラインとの繋がりも考慮しながら、

形を決めて、脱毛をしていきましょう。

vラインがどのような形で脱毛をしてあるかを見て、

いよいよiラインの脱毛をしていきましょう。

vラインで人気のある形は、逆三角形でしょう。

オーパル型もオーソドックスな形です。

逆三角形でも、オーパル型でも同じですが、

徐々にvラインから、iラインまでアンダーヘアを細く、

仕上げていきまます。

iラインの上部3分の1ほどを残すような形です。

全部処理をしてしまわないことで、形も美しく、

裸の状態でも、割れ目部分が見えてしまうことを防げます。

【まとめ】

iラインの脱毛をどのような範囲で進めていくかという、

お話をここまでしてきました。

見えないところも、キレイに仕上げていれば、

恋人やパートナーなども喜んでくれることでしょう。

また、全部iラインを脱毛するのか、

形にこだわりながら、割れ目が見えないように、

工夫をするのかは、あなた次第ですので、

参考にしてみてください。

おすすめの記事