各メーカーからさまざまな種類の家庭用脱毛器が販売されています。現在では、インターネットを利用して手軽に通信販売で脱毛器を購入することができますが、購入の際にはしっかりと販売サイトで脱毛器に関する説明を熟読した方が良いと思います。特に家庭用脱毛器での確認ポイントは、脱毛方式や脱毛効果です。そこで家庭用脱毛器に関して、確認のポイントや脱毛方式の違いなどについて見て行きたいと思います。

 

家庭用脱毛器ではここを確認しよう

家庭用脱毛器での確認ポイント

有名なメーカーの場合、脱毛器の人気ランキングや口コミなどがありますから、ブログや説明書きを確認してから購入しても決して遅くはありません。特にランキング上位に位置しているメーカーの脱毛器は、必ず口コミがあり、メリットやデメリットについて紹介されていますので、しっかりと確認するようにしましょう。

 

脱毛方式の違いについて

レーザー脱毛とフラッシュ脱毛の違い

レーザー脱毛、あるいはフラッシュ脱毛と呼ばれる方式を採用している家庭用脱毛器の場合は、一度に脱毛できる能力を確認しておきましょう。レーザー、あるいはフラッシュの脱毛方式で確認すべきポイントは照射範囲です。照射範囲が広い方が脱毛できる部位の面積が広くなりますから、全体的な脱毛の時間が変わってくることになります。

また光やレーザーの強さでも能力は変わってきます。脱毛に関しては能力によってその効果に違いが出てくることになるのです。

 

レーザー脱毛とフラッシュ脱毛の違いについて

レーザー脱毛方式はムダ毛に対して濃い色素に反応する光によって脱毛を行います。レーザー脱毛方式の場合、カミソリや毛抜き等を使用した場合に比べて肌への負担が軽減されます。定期的にムダ毛処理したい場所にレーザーを照射することにより、ムダ毛の量は減って行くことになります。

フラッシュ脱毛方式も同様で、照射した光は毛の色素に反応して脱毛を行います。痛みはレーザー脱毛よりも少ないと言われていますが、レーザー脱毛に比べて脱毛の期間が長くなります。

しかしここで注意なのですが、正式な意味でのレーザー脱毛は医療用レーザーを使用しますので、基本的には医療行為に該当します。ですのでレーザー脱毛は医療従事者以外にはできないのです。家庭用脱毛器でもレーザー脱毛器はありますが、レーザー光という意味だと捉えてください。

どちらの脱毛方式も効果が出るには個人差がありますが、一回に使用する時間や定期的に照射することには変わりありません。

 

お肌への影響について

家庭用脱毛器とサロンでの脱毛

実は脱毛器を使用しても脱毛サロンで脱毛しても、お肌のトラブルになるときにはなるものです。その点では、お肌のトラブルになった時の対処はサロンの方が良いと言えるでしょう。家庭用脱毛器を使用しても、最終的にはやはりサロンで脱毛する必要がある場合もありますので、脱毛器購入の際にはサロンにかかる費用も検討しておくのも良いと思います。

脱毛器を検討しているなら、こちらのページが参考になりますよ。

おすすめの記事