2012y12m28d_080433043

生理前になるとニキビや吹き出物で肌が荒れてしまう……

そんな悩みを持つ女性も多いのではないでしょうか?

 

生理は健康な女性なら月に一度は必ず訪れる、

避けて通れないもの。

そのたびに肌が荒れてしまうのは、

憂鬱ですよね。

 

でも大丈夫。ちゃんと対策方法はあります。

生理前の肌荒れ対策について、ご紹介します。

 

生理前に肌が荒れる理由

そもそも生理前になると、なぜ肌荒れが起こるのでしょうか?

実は女性ホルモンと関係があります。

 

女性ホルモンには2種類あり、

ひとつが卵胞ホルモン

もうひとつが黄体ホルモン

 

この2種類のホルモンが交互に作用することで、

女性の生理サイクルが約1か月周期で保たれているのです。

 

生理前の肌荒れを起こすのは、

この黄体ホルモンが関係しています。

 

生理が始まる前の7日間は、

黄体ホルモンの分泌が最も多くなる

黄体期後期と呼ばれる時期

 

黄体ホルモンは皮脂を増加させる作用があるので、

毛穴に皮脂がたまりやすく、

ニキビや肌荒れの原因になるのです。

 

それに、紫外線にも敏感になるので、シミ、そばかすも

できやすくなります。

 

また体はむくみやすく、便秘がちにも。

精神も不安定になる時期です。

 

生理前の肌荒れに有効な対策は?

 

生理前はバリア機能が弱っている時期なので、

洗顔は優しく行いましょう。

 

顔がオイリーになっているからといって、

さっぱりめのお手入れはおすすめできません。

 

皮膚が「皮脂が不足している」と判断して、

余計に皮脂分泌を起こし、さらにオイリーな肌になり、

肌荒れが悪化していくという負のスパイラルに

陥ってしまうことになります。

保湿ケアをしっかりと行いましょう。

 

また、肌が敏感な時期なので

シェービングやスクラブなど刺激の強いケアは避けたほうが

いいです。

エステやクリニックも、新しい化粧品を試すのも

この時期はやめておきましょう。

 

紫外線に弱くなっているので、紫外線対策は念入りに

普段使っている日焼け止めでも刺激を感じるようなら、

低刺激のものに変えましょう。

 

また、生活習慣を見直してみるのもオススメです。

生理前は黄体ホルモンの影響で体内に水分をため込もうとする

時期なので、肌の新陳代謝が低下します。

 

水分を控えるよりは水分をたっぷり摂り、

軽めの運動や半身浴などで体を温め、

全身の血行を促進すると、新陳代謝がよくなります

 

また、食生活を野菜中心にすることも肌荒れ対策としては

有効です。

 

生理が終わりに近づけば、肌のコンディションは

よくなっていきますので、

上手に体のサイクルと付き合いましょう。

おすすめの記事