~急に来ちゃった!サロンの予約、キャンセルすべき?~

 

「さあ!今日は待ちに待ったサロンでの施術日!

予約を取るの、大変だったんだ~(≧∇≦)

 

あれっ・・・なんだか下っ腹が変な感じ・・・??

 

えーーーーっ!!

そんなバカな!お月様が来ちゃった!(;゚Д゚)

予定は一週間先のはずなのに!

 

・・・うーん・・・でも、やっと予約取れたんだしなあ・・・

今日はVIOゾーンじゃないし、上半身なら関係ないよね!

うん、行っちゃおう!!」

 

たくさんあるエステ、脱毛サロンですが、

果たして急にお月様・・・生理が来てしまった時は

それぞれどのような対処をされているのでしょうか?

 

「うちのサロンでは、VIOゾーンでなければ、基本的に施術はしていますよ。

お客様の体調が悪くなければ、ですが」

 

「うちでは、全面的にお断りしています」

 

「ヒザ下、VIOはお断りしています」

 

おやおや?サロンに寄って、ずいぶんお答えが違うようですね?

どうしてこんなに違いが出て来るんでしょう?

 

「本音を言えば、生理中の施術はオススメ致しません。

脱毛をされていなくても、生理中は体調の変化が激しい時。

肌が荒れやすくなる時でもあります。

いつもは何ともない方でも、生理中の施術で痛みを感じたり、肌が荒れたり、

という事は起きやすいかもしれないですね。

 

身体の表面の話だけでなく、内面的にもホルモンバランスが狂う時。

脱毛用の光、刺激を受けてトラブルが起こらない、とは

私どもでは言い切れないのです。」

 

確かに、脱毛をしていなくても生理中に体調が悪くなる人は

少なくありません。

腹痛を始め、頭痛、吐き気、目まいなど、病院ではないサロンでは

対処出来ないことが起こります。

 

抵抗力が弱まっている時でもあり、

普通の時には思ってもみない変化が身体に現れる時・・・

そういう時に無理な刺激を身体に与えたりしない方が

良いようですね。

 

VIOゾーンはお互いに気持ち良いものではないでしょうし、

ヒザ下もホルモンバランスが崩れることで肌トラブルを起こしやすい、

痛みが出やすい、と言われており、

トラブルが他の箇所より治りにくいところ、とも言われています。

 

女性の身体の変化についてはわかりましたが、

サロンの本音としては

「生理中に無理に施術する事に寄って起こるトラブルを避けたい」

と言うのが大きいようです。

 

血液というのは病気、菌などを媒介する原因になり得るもの、でもあります。

それがもし施術台に付いて、何か問題を起こしたら・・・

感染などのリスクもありますから、サロンとしてはそのような

トラブルは絶対に避けたいところですよね。

 

「う~ん・・・サロンの言いたいこともわかるけれど、

でも来ると思ってなかったから、今日を予約したのよ。

そういう時はどうしたらいいの?」

 

では次Part2では「急に行けなくなった時のサロンの対応について」

見ていきましょう。

サロン選びの大事なポイントでもありますよ!

datumou5

おすすめの記事